コンテンツへ移動

フットボールの価値

【フットボールの価値を最大化するために】

お腹を満たすためには、調理する。

どうせなら、美味しい物や素敵な食器がいい。

安心して眠るためには、家がいる

どうせなら、きれいな家で広いほうがいい。

異性と付き合うためには自分を磨かく

どうせなら、素敵な服や鞄をもちたい。

人が

息をして

お腹がすいて

眠たくなって

異性を好きになるくらいに

スポーツは人類に必要とされているのか

スポーツがなくても、

人の生活は事足りている気がする?

僕が持っている現時点の結論は

スポーツが持つ3つの価値を発揮することで

現代に生きる人々を幸せにすることができるのではないか?と感じている。

「日常からの逸脱」

「人と繋がること」

「われわれ意識の形成」

※こういった活動は麻薬のような危険度を保つため、バランスが重要であることを前提にして進めます。

↓↓↓↓↓

僕の周りには、

日常の中のすべての選択肢において疲弊し、常に孤独な状態にあると感じてしまう人がいます。

故に自身の精神を保とうと行動するのではないかなと考えます。(僕もです)

そういった時に

“逸脱したい欲求”が働きます

※よく金曜日の夜にサラリーマンの方々が

フットサル場でプレイしているのも

日常からの逸脱をしたいんだと思う。

こういった現状に対して

僕が作りたい世界観は

”フットボールで人も地球も幸せな状態を創る”

何を言っているんだ?と思われるかもしれないけど。※ペーペーですのでお手柔らかに。涙

僕は

“人との繋がり”をフットボールによってフロントとして作り出し、それをコミュニティにするために「われわれ意識」を構築する

そこでは、

他人事としての「われわれ意識」ではなく自身が主体的に動く事で、誰かと多くのことを共有することが出来る。作り続ける。

それが人生を豊かにする。

そしてアドラーが言うように、人が悩むほとんどのことが他人との関わりによって形成されるのであれば、僕はそういったことを解決するような知識ではなく、生身のコミュニティがあればいいのではないかと思う!^_^

それも、特定の人々だけが集まれるのではなく、多くの人々が参加できるような愛のある空間を、宗教に厳しい日本人も疑う余地のないレベルで作っていきたい。

難しい。

カテゴリー

幸せ

古川しゅうと すべて表示

どもども、努力は実る。馬鹿でも出来るってことをこの社会に示したい。
この社会でボクはどう生きたいのかを赤裸々に、でも怯えながら更新中

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。