コンテンツへ移動

【生きる、死ぬ】

 

この大きな大地

もっと大きな地球

もっともっと大きな宇宙

その中で生きている生物

その中で生きているヒト

その中で生かされている僕

何故か、今。

ここに肉体がある

指が動いている

息をしている

お腹が空く

眠たくなる

胸の鼓動が聞こえる

肉体がこんなにも身近に感じる

周りにも肉体が歩いてたり、話してたり

誰かといたり

スマホ触ってたり

そして

その中で僕は生きている

僕は生きている

彼女のお父さんは朝から晩まで働いている

彼女は朝から晩まで走り回っている。

そんな現状が、ネパールにある。

生きてるんだ。

僕には

お父さんとお母さんがいて

おばあちゃんもいて

ひいばあちゃんもいて

そうして、僕は産まれてきた

今、命を授かっている

そして、生きている。

なんで生きてるのか

なんで人と話したくなるのか

なんで人を愛するのか

なんでスマホ片手に想いを残しているのか

わからない。

そうしているうちに

僕はいつか死ぬ

命を授かって

死ぬ

じゃぁ、

僕が産まれたことに理由はあるのか

お父さんとお母さんは

僕を欲しいと思い、産んでくれた。

それは事実。

極論を言うと

産みたい理由なんてものも

ないと思うけど

無条件に、言葉では説明できない

何かの形として、僕は産まれた

先代の人々から

何千年もの時を渡って

命は繋がってきた

じゃあ僕は、

親のために生きるのか

おばあちゃんのために生きるのか

ひいばあちゃんのために生きるのか

先祖の人々のために生きるのか

誰のために生きるのか

そうやって、答えを求めて

幸せを求めて

理由をつけたがる。

理由なんていらないんだけど

結局は

生きて

死ぬ

だけなのだから。

1つ分かるのは

こうして生きている

ただ生きているそれそのものが

素晴らしいこと

生きたいと思う小さな力が働いて

人類が、集団を形成していき

人と人がぶつかり合い

そして、生きるために文明を創り出し

また、ぶつかり合い

そして、悩み

思想がうまれ

哲学がうまれた

そして

現在までに先人たちが

繋げてきたこの命。

僕は死ぬまで

この命をどう使えばいいのか。

命には、意味があるのか。

私たちは本能的に

次世代の人たちのために

何かを残して

死にたいと思うのかな

それが、

命を授かった意味

使命だとも

僕は思う

こんな写真感じみたいに遊びまくって

この社会に対して、

大きなことはできない

でも、誰かと協力すれば

小さな力も大きな力になる

そうやって生きていこう。

ヒトとして生まれたからこそ

感情を持ったからこそ

僕にしか出来ないことを

皆んなと協力してやってく

それしかない。

カテゴリー

幸せ

古川しゅうと すべて表示

どもども、努力は実る。馬鹿でも出来るってことをこの社会に示したい。
この社会でボクはどう生きたいのかを赤裸々に、でも怯えながら更新中

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。