コンテンツへ移動

【大丈夫!?古川十豊の今と未来を綴りました】

IMG_3200

友達とバングラデシュカレーを食べに行った時のことです。

天満橋にあるクミンソウルというお店。

IMG_1519

美味しいです。メニューはカレーのみ。

無添加カレー、ほうれん草の甘みが口の中で、、、そうそれはまさに

20151103221148

「ぽ、ぽ、ポパイ」

思わず漏らした一言です。

そんなことは置いておいて、

一緒に来ていた友達に聞かれたことがあります。

S__148512777

高校時代の写真なのですが、やっぱ若い。笑

こういうことを言うと、世の40代の方々の目線が怖いのでこのくらいにしておきます。

彼は元自衛隊の僕のマブダチです。

彼に不意に聞かれました。

「しゅうと、最近何してるん?」

「大学4回生で休学して、将来どーすんの?」

「インターンしてるよー」と言って何かと話を逸らしてきているのですが

こんなことを聞かれ始めることが多い最近です

基本は自身のことにしか関心を抱かない人間が、

有難いことに、心配してくてくださる?気になる?応援したい?

という理由かはわかりませんが、僕の将来を聞いてくださる方々が多くなってきました。

今回は、

古川十豊の意思と行動を伝えます。

でも、先に言っておきたい事があります。

僕は自分自身が特別な存在なんだ!なんてことは一切思っていません。

ただ自分が“他者に何かをしたい”という思いで行動しているだけです。

山に登っているような感覚はありませんが、あえていうのであれば自分が登りたい山に向かって、知恵を絞りながら登っているだけです。

だって。

それが自分の人生だと、生きていて幸せだと感じられるから。

どういうことかと言うと、この地球に生まれた意味なんてない人生にあえて意味をつけたんです。

僕がつけた意味は自身が他者に感謝し、行動し、他者に感謝された時が、人として一番嬉しいと思うことなんです。(ただ承認されたいと思っているわけではありません)

また、僕は何か大きなことをやり遂げるような人間でもありません。

本当にみんなと一緒の人間です。※個性はあるかと思いますが。笑

なので、皆と一緒という認識を忘れずしっかりと、お話させていただこうかと思います。

こう思ったのも、他者が関心を抱いてくれているのにも関わらず、適当に返してしまうのは上から目線になってしまっているのではないかと考えたためです。

気づけば僕はとんでもなく

傲慢な態度

を取ってしまっていたようです。

本当に怖いです。

これを機に考えを改め直したので、僭越ながらここで古川の今と未来を綴らせていただきます。

では、始めます。

今①

【ネパールこどもクラブの活動拡大】

IMG_0400

僕が、大学3年生の時に立ち上げた団体なのですが。

最初は都市部、農村部、孤児院にサッカーチームを3つ一気に作りました。

目的はただ、「サッカーをしたい子供達が、サッカーをできる環境へ」

しかし、この活動は失敗に終わりました。

今は、孤児院のみで、活動しています。

興味がある方は詳しくは個人的に聞いてください。→FACEBOOKで古川十豊検索

とりあえず激動の1年が過ぎてしまったんです。

説明がはしょられすぎて、激動な1年は伝わらないですよね。笑

感覚でいうと、

梅田のHEPで、ひたすらに空気椅子を1年間やり続け、誰も注目もせず、孤独に耐えてきたような感覚です。

そう、辛いんです。笑

そうしているうちに大学4回生になり、ここで気付いたことがあったんです。

「あれ、社会人になってもこの活動って続けられるんやっけ?」

「いい視点ですねー」とイイねおじさんの亡霊を背後に感じました。寒気。

って、活動のことを考えると、僕が生きていくためにお金は必要だし、能力もないし、知識もない。

あるのは、世界を平和にしたい。その想いだけだったんですね。

思わず一言「こりゃ、やべー。」

まさに、この状態で慢心していると裸の王様です。

shapeimage_2-7

ちょっと減量が必要ですね。笑

本当にやばいと思ったんです。今は違いますが、この活動ができないと僕は僕でいられる気がしないとすらもその時は思いました。

まず考えたこと。

就職すると自分の時間を自由に使うことができない。

就職すると、何かを作り出すための視点は学べない。

例えば、サッカー部のキャプテンになりたいのに、一生グラウンドのトンボ掛けと雑用をしても、意味がないとは言いませんが、遠回りであると僕は判断したんです。

だから、僕は考えた結果

個人で必要とされる人間になろう

と考えました。

今は、この判断を正解にするべく、必死に動き回っていますが。笑

世間からは、「大学生のくせに、何を言っているんだ」と言われそうです。

でも、僕は思うのですが

世の中の大半の人は、

目的に向かって全力で歩んでいない結果の上で

そう言うんだと思います。

だって、僕の人生を変えてくれた大学のお師匠さんや社会事業家のお師匠さん達は、オッチャンになっても色んな分野で、これでもかと言うくらいプロジェクトを動かしまくっています。だったらできるんじゃないか?というのが僕の考えです。

もちろん分野にとって求められるスキルも、実績も違うことを理解した上で、

古川十豊という人間が何をできるのか?

を考えていかないといけません。

ここで大切なのは、目的に対してのやり方なんだと思います。

話が逸れましたが、結論から申し上げますと

ネパールこどもクラブのメンバーは、現在実質4人なのですが、個人として強くなるために団体の形態は個人の意見を100%尊重する形態に変わりました。

どんな形になったかというと、

プラットフォームになったんです。

僕たちの理念はFOOTBALLで地球と人を幸せにすることです。

ここにいる仲間が働く分野は違えど、

世界中のFOOTABALLを愛してやまない子供たちが、やりたくてもできない環境をできる環境にし、一流のフットボーラーを目指していけるような人にすること

をビジョンに対して集まって、互いに協力しています。

メンバーが欠けても回り続ける組織が良い組織だと言われてはいますが

僕たちの組織は1人も欠けてはならない組織です。

それぞれの分野で個人が依存し合っているので、

4人がいないと出来ないんです。

IMG_0183

彼らです。

本当にいろんなことで協力できていて嬉しいばかりでございます。

なんしか、そういう形に変わっていったんですね。

そこからは進むペースはそんなに早くはないけども、より持続的、効果的な貢献が子供たちへ出来ているんじゃないかと思っています。

今は、団体の中期目標として

ネパールのAJAXになる

を掲げ活動しています。

※AJAXに詳しい人、色んなことを教えてください。

これの詳細に関しても近々、発表させてください。

もったいぶっているのではなく、この記事で伝えたいことはこれではないので。涙

次に。

今②

【NGOで働いている】

ネパールこどもクラブとは別に

とあるNGOで、働かせてもらってます

テーマは、貧困の克服です。

IMG_0870

バングラデシュもこのような関係でいかせてもらってます。

毎日ただただ、学ぶことしかないのですが。笑

ここ半年間一緒に働いています。

というか僕という人間を応援してもらってます。

有難すぎるんです。涙

そこで僕がやっていること。

・海外の支部とのコミュニケーション、確定事項遂行

・貿易実務(自社製品、OEM等)

・英語通訳

・海外団体とのアポイントメント、マネジメント

・写真家?

・徹底的に学ぶ役割

というふうな環境にいるわけです。

そこの代表の方が本当に多くのことを教えてくださったり、任せてくださるので、自分ができることがどんどん増えていきます。

気付いたことがあります。

人間、挑戦したら

できるやん。

ということ。

多分、海外進出したい企業で若者を求めているところで中々の即戦力になれる自信があります

これまで貿易なんてしたこともなかった僕が半年後にはできるようになっている。

そこから、個人として色々できる幅が増えて、アイデアもドンドン湧いてくるんです。

不思議ですよね。

20151103221148

ポパイも、ほうれん草があるから強いのと一緒ですね。

何かを作るのに、部品がネジだけじゃ、何も出来ないんです。

ナット、ドライバー、ハサミとか色んな部品が必要になるんです。

逆に何かを作るための部品があればあるほど色んなアイデアが思いつきます。

不思議ですよね。

maxresdefault

不思議の国のアリスさんもびっくりです。

つまり、できることを沢山増やしていこうよ!ってことです。

僕はこの感覚を身をもって学んだので、

今は、ただひたすらリスクを恐れず新しいことにチャレンジしていってます。

ここで添えておきたいのが、僕がこういった状態になったのも、できる人と絡みまくったからです。

良き師を持ち、そこで遊ばせていただいたから成長できたんです。1人で我流でやっていたときと比べると、圧倒的な成長スピードの差です。

でも、ただ学びまくるのも良くなくて、個人がテーマを持って日々を過ごし、

学んだことを活かしていく必要があると思うんです。

僕の個人的な、学んだことを活かしていくための

NEWテーマは、

バランスをとる力

です。

人と人との関係のバランス、組織運営のバランス、自分の体重のバランス。

そうです。ちょっと太ってきて危ないと!思っている古川です。

こんな感じで僕は今を過ごしているのですが、

「しゅうと、何してるん?」と聞かれたときは、この記事を読んでと言います。笑

一つ触れていないことがありますよね。

「将来は、どうするん?」という質問に対してです。

結論から言いますと。

何も考えていないんです。

自分が将来かけてどう在りたいのか、何を志すのか?ということはありますが、決めても意味がないなと思った最近です。

だって、いつ死ぬかわからないし。飽きるかもしれない。

僕は何事も完璧にすることはできません。だから、そんなん決める必要もない。

と思ってしまうんですね。

ただ、多くの人と一緒に現代未聞を目指し、何かを動かしていく人として、今できることを必死にやって、周りに感謝しながら、この地球のために

今を生きる人たちと一緒に、「またこの地球に生まれてきたい」という社会にすることを志していくだけだと思います。

「将来どうするん?」と聞かれた時はこれを読むように言います。笑

ちなみに、現代未聞という言葉

僕が通学する追手門学院大学が掲げる言葉です。

感動したのは、前代未聞ではなく、現代未聞であること。

もう少し噛み砕くと、明治21年(1888年)から続く伝統を持つこの追手門が、先人が作り上げてきた社会、知恵を生かし、今に適したものを作り上げていく。

それはもう新しいものではなく、ただ昔から積み上げられてきたものを新たに形を変えて作っただけなんだ。ということです。

そこでは教師、職員、清掃婦の方、先輩学生の垣根を超え共同し、新しく入ってくる新入生のために、動き、そしてまた伝統を重ねていく。

僕も、追手門のような人と人とが密接に関わりあった環境をつくっていきたい。そして、自分自身の行動・態度も前代未聞よりも、現代未聞を大事にしたいと思いました。

改めて

追大生であることに感謝

です。

IMG_0177

大切な友達、先生に感謝です。

僕の今と未来はこんな感じです。

僕がまずは結果で示して、道を作り、多くの学生がその道を安心して進めるように。

前進していきます

カテゴリー

幸せ

古川しゅうと すべて表示

どもども、努力は実る。馬鹿でも出来るってことをこの社会に示したい。
この社会でボクはどう生きたいのかを赤裸々に、でも怯えながら更新中

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。