コンテンツへ移動

【Facebookの本当の使い方】

facebook

今、あなたはFacebookで何を更新していますか?

これからの時代、

Facebookの使い方を知っておかないと

損することがたくさんあると思います。

特に我ら学生諸君!読んで見てください。

まず、Facebookとは

2004年 2月に アメリカ合衆国 マサチューセッツ州に本社を置く、現CEOマーク・ザッカーバーグ氏が設立したFacebook.

top

現在、従業員は2017年12月31日時点で25,105人、

20億人の登録者数を抱える巨大ソーシャル・ネットワーキング・サービスです。

20億人に到達したことは一つのマイルストーンにすぎません。今後も、どこにいても異なる言語を話していても、人と人とがつながる製品・機能を届けていきたいと考えています。

引用:https://ja.newsroom.fb.com/news/2017/06/two-billion-people-coming-together-on-facebook/

地球規模のイノベーター理論でいうとキャズムを遠に過ぎ、世界人口でいうと現在26%つまり4人に1人がFacebookを使っている事になります。

伸び率の勢いはまだまだ止まらないようです

(特にアジアで増えまくっています。)

国別の発展状況に伴い普及していかのように

思えるFacebookですが、

私がよく訪ねる国

ネパールバングラデシュでも

格安スマホの登場

急激な発展に伴って

人々のライフスタイルの変化

によって多くの人が利用しています。

 

 

びっくりしました。

 

 

ネパールでは、スマホが3000円で買えちゃうから

さらには、余暇の時間が多いのでこういった娯楽に走る傾向にあるから

ナルシシズム、シェアしたい気持ちは

全世界共通ですが。

 

 

Facebookはもはや

私たちの生活にくっつき虫のように

ビッチリとくっついており

 

きっても切り離すことができない関係性です。

 

 

そんな、Facebookを

皆さんはどのようにお使いでしょうか?

 

今回は、先ほども申し上げましたが

特に学生に聞いて欲しい。

+ おじさま、おばさまの方々に聞いて欲しい。

 

2014053100203040e

スーパーサイヤ人になりたいです。

一緒に勉強できればと思います。

 

 

さて、この3年間Facebookと向きあった時間が、

人と関わる時間より多かった私

古川十豊が3年間の賜物を

綴らせていただこうかと思います。

 

 

大きく分けて

人がFacebookに投稿する動機は2つあります。

 

 

  1. ・自己承認的投稿

  2. ・自己実現的投稿

です。(勝手に、言語作りました。笑)

※基本的に人は、自分がやりたいからやっているという観点から見て“自己”という表現を使っています

 

 

自己承認的投稿とは。

  • 美味しいもの食べたー。
  • USJに遊びに行ったー
  • ホリエモンが良いこと言っているわー

という類の投稿ですね。

他者の反応は、「あ、そう」

「いいねー」

「それ私も知ってるし」って感じで、

 

いいねだけ返して流されることが多いです。

 

いいねが100とか200とかなっている記事にはそう言う風潮があります。

cover

そこには

他人に投稿を通して

何かを伝えたいというよりも、

 

投稿者からの一方的な“言う”という感覚

が入り混じっています。

 

伝わらなければ

結果的に他者からの承認のみを

目的として投稿をしていることに

なっちゃうんですよね。

 

ここからは何も生まれまない

と思っちゃいます

というか投稿する人も

何かを生もうとも思ってないと思いますが

 

 

では、一方の

自己実現的投稿とは

例文:今日はチャリティのフットサル大会が開催されて、そこでは多くの人々が世代関係の垣根を超えて交流し、地域間でのつながりが希薄化する中多くの人が交れたことは成果だと思うし、何よりも自身が開催に携われて大きな学びがあった。

これからも、スポーツの領域で何かを仕掛けていきたい。

という文章

一見ただの自己満投稿のように思えるこの文章は、

見る人にとっては大きく異なる文章に見えます

『この人は今、フットサルを通じた活動をしているんだ!それに地域への貢献も考えていて、僕とやりたいことが似ているかもしれない』

『なになに、スポーツの領域で何かをしたいのかな?僕もスポーツの活動をしているし、一回だけ会って話してみたいな』

なんてことが思われることがあります

 

 

これを出来るか出来ないかで

人との関係性を紡いでいくのに

差が出てくることがあるかとおもいます。

 

 

では。

ここで言う、Facebookの強みは

あらゆる人に自身の情報がリーチし、

反応をとってもらえるということ。

 

 

重要なのは。

誰が反応してくれるか?と言う点です

 

 

もっと言い方を変えると

 

 

貴方は誰に反応して欲しいのか?

 

 

ということです。

 

ここがずれていると損するんじゃないかと思うわけです。

みなさんご存知ではない人が多いかと思いますがFacebookには、友達であることを残したまま、フォローを解除する機能があります。どういうことかと言いますと、自分の友達や慕っている人が「お前の投稿は見たくない」と思い、フォローを解除すれば、あなたの投稿はその人に一切、届かなくなるのです。

 

 

1000人友達がいても、

1000人があなたをフォローから外すと

あなたの投稿は誰にも表示されません。

 

 

僕もある程度は、フォロー外しています。

なぜなら必要な情報がスクロールしまくっても

出てこない時があるからです。笑

 

 

たまったもんじゃ、ありません!

IMG_8229

 

仮に僕が何らかの権威ある人だったとしたら、

フォローを外された人は

きっととんでもなく損していることに

なります

 

僕がした場合

損する人はいないと思いますが涙

 

さらに、インスタグラムに若者が

日常の写真を投稿する中、

 

 

日本におけるFacebookユーザーの層は変わっていき、

かなり高齢化しているのではないかとも思います。

download

『にょほほほほほー』

 

 

さらには最近は

LinkedInと言うビジネス専門のSNS

出会いのアプリも続々と配信され続ける中で

今後のFacebook市場はどうなっていくのか

なんのために使われ始めるのか?

 

 

大きな市場の流れの中で、

誰が何を発信するのか???

ここが重要な気がしています。

 

 

そこで!

大丈夫!これさえ意識すれば!

・・・

 

なんて、方法論的な発想はあんまし好きではないのです。

僕が今回伝えたいことはここから!

 

 

人々との関係性(信用も含めて)とそれを踏まえず、誰かに何かを伝える目的が定まっていないまま発信すると、ただの詐欺師だと思われる可能性があり、注意が必要だと思います。

 

 

実際、

私たちはWEB上で繋がっている

のみならず、

現実世界(実際に会う状況)

でも繋がっています。

どういうことかと言いますと。

 

 

例えばこの一言。

「WEB上の古川、現実世界の古川は感じが違うなー。」

特に大学の友人、高校までの友人に言われることがよくあります。

そこで多くの友人を失った僕なのです。

少し悲しかったですが、、、涙

慣れました。

 

もちろん応援してくださる友人もいます。

ありがたいことです。

 

 

人はそれぞれのコミュニティ(SNSコミュニティも含め)で、

それぞれの役割を持って生きているわけです。

 

 

ここでを想いを伝えようとしている僕に

あえて役割をつけるなら

「好き放題書く学生ブロガー」

 

というふうにでもしましょうか?涙

シンプルに嫌です。

 

そこに全部、同じようにしろ!

なんて言われた途端、、、

批判を恐れずに言うと、、、

僕は「何を言っているんだ。きっと孤独な生活を送ってきたのかな。」

ふと思うことがあります。(乱暴な言葉ですみません。涙)

 

 

一本筋が通っている生き方が素晴らしい!

と唄われる世の中ですが、

 

表面的な態度で評価されるのが

若い世代では多い気がします。

 

そこで判断するのではなく

その人が、人生で何を目的としているのか?を見て、

一本筋が通っていると判断することが

大切だと僕は思います。

 

 

よくわからない方は、

「嫌われる勇気」・「七つの習慣」を

読んでいただくといいかと思います。

(説明することを逃げました。笑)

あとは信用なのかな?と思います

 

信用という言葉が“安売り”されている時代に

あまり言いたくありませんし

ここにつきまして

知識が浅いので深くご説明できませんが

 

「こいつ、応援したいな?」

「一緒にいたいな」

「何かしたいな?」

思われるような人になると

これから生きやすくなる

のではないかと思っています

※自戒も込めて。

 

 

と言うわけで

これを読んだ方は、

今、“Facebook上“で必要のない投稿をされている人を、全力でフォローを外しにかかっていくでしょう

と言うか実践している方も

多い気がします。

7ad7c11a

この画像に注目して欲しいです。

効率化される中で

失われることも

多いかと思いますが

どの規範で自分は誰と関わり

“感謝しながら“生きていくのか?

 

 

が、今回の記事を一言で求めると

これだな。と思う最近です。

 

複雑な世の中を生きる人間として

人を大切にしながら頑張って生きましょう。

 

カテゴリー

幸せ

古川しゅうと すべて表示

どもども、努力は実る。馬鹿でも出来るってことをこの社会に示したい。
この社会でボクはどう生きたいのかを赤裸々に、でも怯えながら更新中

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。