Skip to content

【2年前にネパールで出会った虹色のおっちゃんが忘れられない】

こんにちは。

はい。

見てお分かりの通り、

「古川十豊のHI-NITIJYOU」から

「〜社会のこと〜あなたとボク」

に変更しました。

 

 

さらにパワーアップしていこうと思っている次第です。

応援よろしくお願いします。

cropped-e382b5e382a4e38388e794a83.jpg

2016年 8月3日 夜

 

ネパールでひたすらサッカーをしていた時のこと。

チェリーゲストハウスという宿にてです。

 

僕が大学2回生の頃に、たまたま出会った日本人の方がいたんです

髪の毛はなんと虹色に染められていて、常に上半身裸でホテルにいた。

名称未設定

※イメージ図(これしかなかったー)

 

 

最初に思ったのは、

「なんだ。この人は」

 

でも

あの虹色の髪の毛を見て、且つ日本人で。

どうしても気になったので、その夜に話しかけてみました。

当時のボクにとって、話しかけない理由がありませんでした。

 

実は当時の僕は「虹色のおっちゃん」が言っていることがよくわからなかったけど、

メモしていたのをついさっき見つけたんです。

 

今なら理解できます。

 

そこで

みんなにシェアすることが今できる事なのかな?と思ってので

今回綴らせていただこうかなと思った次第です。

 

…では、まいりましょう。

 

【虹色のおっちゃんの哲学と正義とは???】

 

世の中に起きる全ての事象はなんでも自分の事だから、自己責任です。

この社会は矛盾だらけ、生ぬるい、幻想の社会じゃないよ。

 

全ては、自分が楽しむために旅している。

それが良いかって?悪いかって?そんなものは存在しないんだよ。

 

だって良いか、悪いかなんて誰もわからない。

明日死んでもいいように生きる。

未来の幸せなんて今日を幸せに生きて

いれば未来はずっと幸せだよね。

 

「だらける」ということを幸せに思うなら少なくとも

この日の出国日本では生きていけない。

 

ホームレスがいい例だよね。

street-2248101_1920

しかし、政府によりどんどん駆逐され始めている。

私たちが勝手にホームレスの人に対する偏見を持っているだけで彼らは幸せなのである。その自由を奪われるのは「日本社会」を作り上げてきた日本人がいるからである。

 

私たち日本人は1人殺せば犯罪者、100人殺せば英雄になれる。という言葉がある。それは一見、ダメなように見えることもある。

 

この人を知ってるかい?

napoleon-bonaparte-73543_1920

しかしたくさんの人を殺してきた

ナポレオンは英雄とされている。

 

ではなぜ英雄とされた???

 

国民にとって

国のために力を尽くしてくれた人だから。

 

その時代には、守り切るには

その手法しか選択肢がなかったんでしょうね。

 

今は、人を殺すと「刑務所」行き。

people-3248054_1920

それはなぜか。

悪いことをしたからか???

 

そうではない。

 

ただこの人間の法の下で

生きるこの社会の枠組みに

合わなかっただけなんだよ。

 

だから刑務所っていう「社会」の枠組みに彼らは連れていかれる。

 

実はシンプルで住む枠組みが違うっていうだけの話である。

だから初めから、良い、悪いなんて存在しないんだよ。

justice-2755765_1920

 

ネパール、インド、日本、オランダ

どこでもいいんだけどそれぞれの国にとって

文化、伝統は違うよね。

 

それは当たり前の事。

だって生まれたところが違うんだからそりゃそうだよ。

 

でね、これだけは覚えていて欲しいのは、

例えば中国人はうるさいし、せっかちだけどそれは腹が立つ。って、日本の価値観で育ってきたまま受け止めるの???それは、このいろんな社会が存在する社会では「暴力」を生む可能性がある。秩序が乱れると大変なことが怒っちゃう。

 

それを大多数の人が嫌った。っていうだけの話。

それは他の社会でやってくれ。って話。

 

もう一つ。

自分がその日本との違いを感じる時どうしても抱え込んでしまう。でもね、中国人がそぅいうモノなんだってことを知っていたら、それでいいじゃないか。そのためには、伝統、文化、から感じ取れるものってたくさんあると思うの。

 

だから、

反発するんじゃなくて

「郷に入れば郷に従え」

ということなの。

 

これって、日本人であること、日本人のアイデンティティーを捨てるということではなくて、僕たちの中にも知らないうちに文化や、伝統からくるアイデンティティーが積み重なっていて、それが意識しないところで表現されている。

 

仕方ないこと。

 

だから

お互いに相手に合わせるという意味じゃなくて

まずはお互いに相手を認めることから入って

その人と関わっていくことが大切。

 

 

そしたらお互いにカルチャーディファレンスが起こった時に、反発じゃなくて平穏な心で受け止めることが出来る。

 

 

【少子高齢化について】

これからの日本の経済はピンチ。

原因は2つある。少子高齢化と技術を外に出してしまったことである。

 

日本の人口は1億人で、インドは10億人である。

これはどういうことを意味するのだろうか。

そりゃ、数的にいい人材がいるに決まっている。

 

 

10億分の一、1億分の一。どっちが優秀だと思う???

そして、インドは経済成長してきてどんどん大きくなっている。

 

いずれはナンバーワンになる。

 

外に技術を出してしまったことで

その技術の先にある発展を相手の国に渡してしまった

 

それは、目の前の利益だけを追い求めていたからである。

 

日本国内で洗濯機を売りたくても人件費が多くかかってしまう。

だから外に頼るしかなかった。

 

企業も日本未来を考えるよりも自分の企業がやっていくので精一杯なんだから。

 

こんな、グローバルになるなんて誰も想像できない。

でもそれがどういうふうに頼るべきかを理解すべきであったのだ。

 

今でも解決策は見いだせない。

 

【戦争と幸せについて】

 

戦争がこの世界を作っている。

 

 

一番に金になるから。たべていくためにはお金がないとやっていけない。

だからどうするのって話だけど。

 

戦争を意図的に起こしているのもアメリカです。色んな矛盾がある。

armageddon-2721568_1920

そこに答えなんてなくてもいいんだ。

苦しいだけ。違いって絶対あるもん。

 

白黒はっきりしてないこの社会。

 

灰色で何が悪いの。素晴らしではないか。

 

自分が幸せでありたいし、今も幸せだけど。

 

でも、目の前に困っている人がいる。

それだけは放っておけない。

 

自分が幸せで

その人が幸せにあなれる社会があれば。

それでいい。

 

ただ、次世代がもっと住みやすいものにしないと。

 

だってこの世界は

たくさんの人の失敗と成功により作り上げてきたのだから。

 

時代はいい方向に進むべき。

 

今、隣にいる人が。

将来困るようなことがあってはいけない。

良い未来を作らなきゃ。

 

こどもが生まれて

大人になって

死んで新しい世代がまた生まれてという

サイクルは自然な事なんだから。

 

そこに幸せを感じるね。

だからこそ守っていかなきゃ。

 

以上です。気がつけば夜の24時を回っていました。

そして、虹色のおじちゃんは、「ほな、おやすみ。」と言って去りました。

 

もう会わないのかもしれないけど

どこかでまた会えたらいいなと思います。

 

フェアトレードを中心に

環境に良いモノを扱っていければと思い。

ショップをオープンしました。

よかったら定期的にのぞいて見てください。

※一品のみ置いています。笑

ネパール産のタイヤポーチです。かなり丈夫です。笑

↓↓↓

https://anatatoboku.thebase.in/

カテゴリー

幸せ

タグ

古川しゅうと すべて表示

どもども、努力は実る。馬鹿でも出来るってことをこの社会に示したい。
この社会でボクはどう生きたいのかを赤裸々に、でも怯えながら更新中

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。