コンテンツへ移動

【僕が、4年前の自分に伝えたいこと。学生に見て欲しい】

どうも

バングラデシュへの渡航が

10日を経過しました。

雨上がりのスラムを歩いていた時のことです。

IMG_2767

ゴミがたくさん落ちてます。

そんなスラムを歩いていた時

思わず足を止めてしまう出来事がありました。

そう。

ある玉を、見つけました。

IMG_3026

何やら、ドーナツのような形をしていますね。

左の白いものに関しては、モスラの卵です。

download

真新しいものを見て

ほっておくのは

勿体無いがモットーの僕。

手に持ち。

IMG_3023

食べました。

IMG_3024

ん。甘すぎるー。。。。

IMG_3025のコピー

まずい時の顔は、口の中が白くて気持ち悪かったので

割愛します。

IMG_3027

とにかく。

すごく甘かった。

砂糖を1年分くらい食べた気がしました。

 

 

 

さて、そんな僕が

ここに来て強く思うことがあります。

て、あまりにも適当ですよね。笑

 

 

スタンスは、適当ですので。

ちょっと髪の生えた

くそガキが言っていると思って

読んで欲しいです。

 

 

 

特に

多くの大学生に読んで欲しいんです。

では参ります。

 

 

【ないって言うのは、自分に何もないから出てくる】

ここに来て思うこと。

僕たちが生きている日本って

過度に表現するなら

 

地獄の中にある天国

 

と思うんです。

 

 

そのくらい

僕たちの生活って恵まれている

と心底、感じているわけです。

 

 

教育、医療、食料、服、住む場所

なんでも生まれた時から揃っています。

 

 

例えば

教育を受けられず

自分は字を読めないことを

想像してください。

 

 

駅名がわからないので

電車には乗れません。

 

TVも何を言っているのか

わかりません。

 

彼氏、彼女とLINEすらできません。

 

なんなら。

このブログも読めていないわけです。

(最後はどうでも、いっか。笑)

 

 

要するに

今いる環境って、

めっちゃくちゃありがたいこと

だと思います。

 

 

そこで、なぜ。

僕たちは恵まれた環境

なのにも関わらず

〇〇ができない。

〇〇がない。

〇〇はダメだ。

と嘆くのでしょうか

 

 

誰しもこんな経験は

1度や2度あるのでは

ないでしょうか。

 

 

小さいことで言うと

「授業つまんない」

「お金がない」

「大学は何の意味もない」

「彼女ができない」

「友達ができない・誰々が相手してくれない」

 

 

これらは

僕は大学1年生の時に

発していた言葉たちです。笑

 

 

 

4年の時を経て

言葉たちよ。

お帰りなさい。笑

 

 

今も学生からよく聞きます。

僕がこういうことを言う人に

今なら何か伝えられるのだとしたら

僕はこう言います。

 

 

自分が選んだ選択や

起こっている出来事を

 

誰かのせいにして

しまってるんじゃない?

 

ということです。

 

 

ある時を境に、

自分は何もわかってなかった!!!

と反省しました。

 

 “〇〇がない”と見えるのは

 

貴方の中には

 “何もない”

 

 

ことからきていると僕は考えます。

 

 

今の僕の考えで上記の問いを発した

昔の僕に答えるのであれば、、、

 

 

「授業つまんない」

→面白くする努力をしましたか?

 

「お金がない」

→効率的にお金を稼ぐ努力をしましたか?

→お金をもらえるくらいの能力はあるの?

 

「大学は何の意味もない」

→大学の意義を調べましたか?

→嫌なら何で入学した?

 

「彼氏・彼女ができない」

→彼女になってくれる器ですか?

→そもそも彼女になるかならないかを選ぶのは貴方ではなく、向こう側です。

 

「友達ができない・誰々が相手してくれない」

→友達になりたい、相手にされるような人になる努力をしましたか。

→その人は何を求めているのか考えましたか。

と言います。

 

 

その時の僕は

あたかも自分は悪くないと

思ってしまっていたんです。

 

 

よくよく考えると、

“ない” “ない”と言っていても

何も “ある”に、変わらんやん。

 

 

そして

どうしたら “ある”に変わるんや。

と考えたときに、

 

自分に向き合って努力する

しかありませんでした。

 

 

僕にはやりたいことが

その時はなかったので

“ある”にするための努力をしました。

 

自分に焦点を当てたのです。

 

 

今振り返ると

猛烈に傲慢であった自分が

恥ずかしいです。

 

 

色々と施してくださる人々が

社会のために、僕たちのために

と思ってしてくださっているのを

卑下していたことになるんですね。

もう、猛反省です。

 

なぜ猛反省したかと言うと

いつか仲間や大切な人を失う

と思ったからです。

なんなら、人として

感謝もできない

与えられていると

自覚できないのは

悲しい。

 

 

誰からも求められずに

自分は孤独になっていくほど

辛いことはありません。

 

 

究極ですが

人は求められるからこそ

幸せを感じる生き物だと

僕は思います。

 

 

でも

もっと大切なことは

求められる人材になるために

自分の覚悟、役割、目的を持って

誰かに愛を注ぎ続ける

 

 

そのために努力を

するんことなんだと思います。

 

 

マザー・テレサが

こんなことを言ってます。

 

大切なのは、

どれだけ多くをほどこしたかではなく、

それをするのに、

どれだけ多くの愛をこめたかです。

大切なのは、

どれだけ多くを与えたかではなく、

それを与えることに、

どれだけ愛をこめたかです。(以上)

 

 

たった1人の人間で

社会の何も変えられないですけど

僕たちには自分を変えることが

できると思うんです。

 

 

見返りは返ってこない

ことも多々あります。

 

 

その枠を超えて初めて

求められる人になるんだと

思うんです。

 

 

八方美人になれ

だなんて思っていません。

 

悩みながらも

自分が誰のために

何をやりたいのかを

明確にすると

見えて来ます。

 

 

悩むくらいなら、考えろ!です。

 

口を動かすくらいなら

体を動かせです。

 

 

だから、僕は今こうして

何かできるかな?と思って

綴らせてもらっているわけです。

 

 

ちなみにですが。

4月26日に帰ってくるので

3名ほど限定で

皆んなのやりたいことに

向き合う機会を

作りたいと考えています。

 

 

古川十豊の2の舞に

ならぬよう

できることがあれば

伝えていきますね。

 

個人メッセージやら

なんやらでまた連絡をください

IMG_2807

では、あと5日

気張ります。

カテゴリー

幸せ

古川しゅうと すべて表示

どもども、努力は実る。馬鹿でも出来るってことをこの社会に示したい。
この社会でボクはどう生きたいのかを赤裸々に、でも怯えながら更新中

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。