コンテンツへ移動

【現実に囚われて行動している人が、夢を抱く資格などない】

 

昨日バングラデシュから帰ってきました。

 

現地は湿気強すぎ、暑すぎ、のおかげさまで

肌が真っ黒になって帰ってきました。

 

こんな感じから。。。

545223342.721726

 

こんな感じに。(グラミンユニクロの隣で、パシャり。)

IMG_3135

 

 

おそらく周りの方には

 

「4月早々にバカンスかましよったな」

と、見られるわけです。

 

しかも、普段運動もしていない人が日に焼けると

浅黒くなるので、たまったもんじゃありません。

 

本題に入ります。

そんな僕が帰りの飛行機の中で

ふと考えていたことがあります

 

それは。。。

 

【俺は、何がしたいんだ】

 

これずっと考えてました。

 

今回バングラデシュに行った理由は

とあるNGOに着いて行かせていただいて

通訳、現地予定設定、アテンドをさせていただいたんですが。

IMG_9149

僕が思ったこと。

 

僕にできることって

結局のところは誰にでもできること

 

 

学生という身分であるのであれば

「君、頑張っているねー」と言われるとは思います。

 

そもそも

「頑張っているねー」と言われている間は

まだまだですが。涙

 

実力がついていない証拠です。

 

で、自分には何ができるんだろうって。

自分を掘り下げました。

 

・・・

・・

 

英語・・・・?

 

くらいしかなかったんです。

 

誰のために自分は役立つことができるのか?

によるとは思うんですけども、

 

 

 

 

どうせ、この世界を生きて

生きがいに悩むくらいなら

人生を誰も真似できないくらいに

彩って生きたい。

 

 

 

つまり。

 

誰も真似できないこと

オンリー・ワンの存在

にならなきゃならない

 

じゃ、誰にとってのオンリーワンなんだ?

 

ってところが

すごく難しくて

 

時と

出会う人や

シチュエーションによって

 

それが異なるからです。

 

でも

そこでわかったことが

オンリー・ワンになることは

もちろん大切だけど

 

誰に価値を与えられるか

を考えるよりも

 

自分の思いやゴールをもっと明確にして、

それを達成するための方法をただ考えたらいい。

 

事業を行う分野が

無知であったとしても

 

そっから学べばいいんだと

思えたんです。

 

飛行機の中でアサヒのビールを飲みながら

僕はふわふわしながら考えていたときです。

download.jpg

ときにアルコールは

とんでもない思考力をもたらします。笑

 

わかったことは

僕みたいな、まだまだ能力がない人って

自分が持っている能力で“できる”ことから考えると

ほとんどのことは世の中にあることの模倣になりがち。

 

1から2を作り出すことしか

考えなくなると思うんです。

 

 

 

例えば、

英語ができるから、

ネパールやバングラデシュで

英会話のスクールを開こう。

 

いや。もうやっているし。

なんなら競争が激しい中で

どうやって生き残るんだ。

 

となってしまう。。。

 

では

達成したいゴールから逆算して考えたときに

手法は意外となんでもいいのではないかと。

 

いかにゴールを達成するために効果的に物事を

進め達成するのかを考えること

そして、力が足りなければ借りればいい。

 

0から1を作り出すこと。

 

つまり発想を変える力がないと

特に僕みたいな人間は生き残れないわけです。

 

なので、自分をゼロにして

考えてみたんです。

 

そうすると

ゴール→対象→現在地→戦略→戦術→ゴール

 

という簡単なフローが自分の中で

浮かび上がりました。

 

 

 

いかに

自分が何かをすることに

焦っていたのかを

思い知らされた瞬間です。

 

 

 

 

 

 

【そんな僕が達成したいこと】

 

世界平和

 

この言葉につきます。

簡単に言っちゃいけない

ワードだと思う。

 

先進国のたわごと?

かもしれない。

 

でも、僕はこの言葉を伝えたいです。

IMG_3187

 

失礼しました。

 

 

以前、

世界平和は存在しないし

これから起きることもないと歴史から言えると

書いた記事があるかと思います。

 

でも、僕はそれでも信じたい。

 

世界平和は達成できる。

 

だって諦めてしまったら

世界は平和にならない

 

 

なんで

ネパールや

ベングラデシュの活動をしたいか?

と言われると

 

僕の想いのスタートは

 

超大げさで、

調子乗っていると

言われるかもしれないけど

 

人類はみんな仲間だ。

という発想を持っているから

download-1.jpg

 

それ以外に僕の想いは

説明できません。

 

そう考えると

 

バングラデシュの仲間に

服を作ってもらってるのに

それでも仲間は貧困に喘いでいる

のを見たときに

 

それは、

仲間から搾取しているのと

一緒だと思ってしまう

 

だから

仲間が困っているのを見て

手を差し伸べたい

 

そう思うことが

僕が世界平和を目指すことにつながると

説明できるんだと思うんです。

 

では、世界平和とは何か。

僕が定義するのは

 

・優しさ

(他人の幸せを思えること)

 

 

・賢さと

(知識と知恵を元に自分が今いる現状を把握し、

次に何するかを考える力)

 

 

・ちょっとした勇気(行動すること)

 

を持った個人が生み出す世界と定義します。

 

民主的、独裁的な社会において

国民が文化、イデオロギーを持ちながら

 

個人の選択の総意で

この社会が作られているのだとしたら

 

個人の思想、行動を変えることでしか

この社会を変える道はないんだと

僕は思うんです。

 

そうなると

自分が正しいと思う方向に

みんなが歩み始めます。

 

1億もの人々が仮に

各々の正義を持ったときに

社会がどうなるのか。

 

どうなるのかは、

わかるわけがないと思うんです。

 

でも、目指す先を示すことは

自分で決められます。

 

 

 

 

 

 

 

僕が目指す世界平和とは?
マクロに

掘り下げていくと

 

地球→環境問題の解決

国際社会→戦争、貧困、教育、医療、環境、食料問題の解決

国家間との関係→ヒト・モノ・サービスの利害関係と武力のバランス

国家→憲法に沿って、法的な管轄のもと国民の幸福度を上げる

国家内集団→市場に左右されず、何がヒトにとって本当の価値なのかを判断できる土台の仕組み作り

家族→承認・生存レベルの保証と相互依存

個人→優しさ・賢さ・ちょっとした勇気

 

になると考えます。

 

別にすべての国が民主化しろ!なんて思わないし

独裁政治だからこそ成り立っている国だってあるし

 

それぞれの集団、社会、国家

のあり方に僕たちは何も言えない。

 

それはその集団、社会、国家の人が

解決を担ってくものだから。

 

そこで僕は

ヒトを理解して

現象を自分ごととして落とし込み

合理的、道徳的な考えのもと

どうやって自らを自立させ

あわよくば他人に寄り添っていけるか。

どうやって世界平和を生み出すか。

を考えていきたいんです。

 

【僕のこれからは?】

 

僕は、登る山を決めました。

山を決めないと一向に前に進まない。

 

僕が決めた山は

 

貧困問題の解決

 

貧困層にいる人が

貧困なのは

 

歴史的な背景を含めても

この資本主義の流れの強さは大きく影響していて

その中で言うと

 

教育を受けてないことが

貧困である大きな理由の1つ

 

教育を受けられないのは

お金がないからです。

 

お金がないから

教育も受けられない

 

そこには

負のスパイラルが回り続けています。

IMG_2749

 

 

そうすると

富裕層と貧困層の貧富の格差は広がっていきます。

 

 

バングラデシュの人が言っていたんですが、

バングラデシュにおいて

90パーセントの資本を

たった5パーセントの人が

牛耳っているんです。

 

 

残りの10パーセントを

95パーセントの人が奪い合っています。

 

とんでもないことです。

 

 

そうなると、大企業の圧力で

政治的、汚職が止まらないんです。

 

既得権益まみれの政治になり。

一向に国民のための

政治は行われない。

 

国家は国際社会との関係を

国内の大企業の意思で決められるから

そうすると他国との関わりに障壁が生まれる。

 

それを見かねた国連等の連合、他国家が指摘する。

しかし、国家はいたって強気。

 

国家は孤立していき

国際社会の緊張は高まる。

 

戦争が起こるかもしれない。

 

こう言ったリスクが

貧困というものの中に

含まれていると考えます。

 

ここにメスを入れることで、

 

格差の縮小を目指し

 

個人の

生きる土台である

愛、ご飯、教育、医療を

享受する権利を保障し

 

自身の人生に

自身で価値をつけて

努力できるようにしたいんです

 

だって

それが幸せだと僕は思うから。

 

幸せはその時々、ではなく

 

状態であると

思います。

 

周りに何があって

自分は何を志すことが

幸せなのかを決めること。

 

それなしには

人は幸せにはならない

 

だから

 

 

「僕は貧困問題を解決したい」

 

 

 

僕の根本にあるのは

 

さっきも言ったけど

 

遠く離れて

言葉も

肌の色も

全然違うけど

 

大切な仲間だと

思えるからです。

 

そして志を持った同志と

気持ちを分かち合い

前へ進んでいきたい。

 

僕はまだ22歳だし

傲慢かもしれないですが

 

この1年後には

開発途上国で事業を

展開させていきたいんです。

 

チャレンジしないとわからないし、

完璧なんてないし

 

じゃ、やって失敗して

学んで

 

また立ち上がる。

ど根性精神で取り組んでいきます。

 

とはいうものの

具体的なアイデアがなく。笑

 

 

またしばらくこの時間が続きます。

 

今日も読んでいただき

ありがとうございます。

IMG_9936

カテゴリー

幸せ

古川しゅうと すべて表示

どもども、努力は実る。馬鹿でも出来るってことをこの社会に示したい。
この社会でボクはどう生きたいのかを赤裸々に、でも怯えながら更新中

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。