コンテンツへ移動

【貴方にとってのヒーローでありたい】

 

 

「例えば誰かの一人の命と
引き換えに世界を救えるとして」

 

こんな冒頭から始まる

この曲の名前は

Mr.Childrenの「HERO」

 

 

いつも僕が考えていたりする時に

凄く考えさせられる曲

 

 

ちなみにですが

「悩むこと」と

「考えること」は

大きな違いがあると思うんです。

 

目的がないまま何かを思い続けること

これは悩むことと一緒。

 

目的があって自分は何をしたいのかを

思うことは考えることだと思うんです。

 

最後に動画を貼っているので

この記事を読み終わった後に見てみてください。

 

では、本題に入ります。

 

「もし、十豊がこの地球の創造者なら、ヒトって生き物をどう思う?」

 

2週間ほど前

僕はある友達から言われた一言が

忘れられなかったんです。

 

「もし、十豊がこの地球の創造者なら、ヒトって生き物をどう思う?」

 

 

その時は考えたこともなかったし。

何も言えなかった。

 

そこで

ずっと考えていました。

 

まずは

今僕が住んでいるこの地球っていうのは

どんな世界なんだ。

 

って、考えたんです。

 

大量消費で溢れかえる世界
戦争で溢れかえる世界
人身売買で溢れかえる世界
差別で溢れかえる世界
原発で溢れかえる世界
孤独な人々で溢れかえる世界

がある。

 

無い物ねだりかもしれないけど

この問題を解決しないと

 

人類に幸せって訪れるのかな?

って思ってしまうんです。

 

 

もちろん。

色んな考えを持った誰かが、
見る問題が世界にはある。

 

そこに対して

僕は何も言えません。

 

僕が地球の創造主であるのならば

そこで、世界でこんな問題を起こす

ヒトという生命体を滅亡させます。

 

一見、凄く酷いことを言っているように思えますが

地球を守るためには人類は居ない方がいいかもしれないと

思ってしまう僕がいるんです。

 

そしたら

僕って生きている

価値ってどこにあるんだろう?

って思うわけです。

 

子供を産み、次世代をつなぐ人を作ることが

人類にとっての幸せであるならば。

 

環境を壊し続けるサービスだけど

僕たち人間にとってすんごい便利なもの

があるのだとしたら。

 

僕が地球の創造者だとしたら

「おいおい、やめてくれよ」

「これ以上、地球を傷つけないでくれ。」

「人類の滅亡だけじゃなく、そこに住む動物や、自然がなくなってしまう」

 

って、僕なら思うんです。

 

ヒトって、もはやこの地球にいない方が

いいかも知れないんです。

 

滅びた方がいいかも知れないんです。

 

なんなら

僕たちが地球で生きて

日々、葛藤、悩み、嬉しさ、を表現するこっって

この果てしない宇宙にある

たった一つの惑星単位で考えると

 

まじで

ちっぽけなことかもしれないんです。

 

そう考えると。

僕は思ってしまったんです。

 

「俺って、生きている価値ってあったけ?」

 

宇宙規模で考えると

ヒトが地球に生命体として

現れたこと自体は

ただの自然現象でしかなくて。

 

宇宙からしたら

人という生命体が

生きようが、滅びようが

どうでもいい。

 

むしろ

僕は、この地球に生命体として

誕生したことに対して

有り難みを持たなければ

ならない気がしている。

 

 

だったら、いっそう。

この世界からいなくなった方が

地球にとって、そして人類にとって

いいんじゃないかな?

 

って思ってしまうんです。

 

人が生きる意味というのは、

生物学上から見ても

子孫繁栄であり。

 

それ以外の何物でもないと僕は感じます。

 

つまり、

その人生を彩るのは

他の誰でもない本人

 

 

という風に考えると

人が生きる意味は

その生きる意味を探すこと

なのかもしれません。

 

では逆から考えた時

 

この世から

いなくなりたいですか?

 

答えがNOなら、

生きる意味があるはずです。

 

 

僕は死にたい。

って思えません。

 

「生きたい」

 

 

って思うんです。

じゃ、なんで生きたいの?

 

って聞かれると

なんでかわからないけど。

 

生きることを

とにかく欲しているんです。

 

僕の本能がそう言っているんです。

本能:「IKITAAAAAAI!!!」

 

でもなんで生きたいのかもわからないんです。

これがややこしいんです。

 

意味が言語化できない!!!

 

それって、本当に死にそうにならないと

僕は、わからないんじゃないかな?

って思うわけです。

 

 

死ぬ間際に

生きたいと願うとき

人は何を思うのか?

 

何を生きていた意味だと思うのか?

 

 

僕は死ぬかも?っていう体験したことがあります。

本当にお恥ずかしい話なんですけど。

 

ウイスキーの瓶を1本丸ごと飲んだ時

アルコール中毒になりました。笑

 

しかも自ら、思っ切りいってしまいました。

 

IMG_3328

今となったら

笑い事ですみます。笑

 

※左の方は僕が尊敬してやまないウイスキー先輩。

先輩はまじでお酒には最強。

 

 

その時。

 

吐いても吐いても。気持ち悪い。

目の前がぐるぐる回りまくっている。

 

手も震えてきた。

歩くことも、立つこともできません。

 

とにかく、

生きるために水を飲もうと

必死に水道の蛇口に口をつける。

 

これを2時間くらい

水を飲んだり、吐いたりを

繰り返した時に

意識が戻ってきました。

 

この時

 

「死」

 

というワードが頭によぎりました。

それと同時に、なんでかわからないんですけど。

 

僕の家族

親しい友人

パートナー

恋人

開発途上国の子供達

 

の顔が浮かんできたんです。

IMG_0400IMG_0622IMG_0313IMG_0183

そして、僕は

 

「この人たちと一緒にいたい」

 

そう思えたんです。

今まで

誰かのために。

誰かのために。

 

って、考えていた僕が

初めて誰かと一緒にいたいと心の底から

思えたんです。

 

 

 

この体験を、

人生の生きる意味であると仮定した時に

 

僕は、誰かと一緒にいたい。

 

僕の人生の生きる意味って

ここにあったんだと思えたんです。

 

そうした時に、

なんでこの人たちと

 

「一緒にいたいんだ?」

 

と考えました。

 

そしたら僕は

みんなにとっての「HERO」

になりたかっただけなんだと。

 

 

メサイアコンプレックスっていう、

自分を定かも英雄のように演じようとする。

自身に対するコンプレックスが原因で

自分が助けやすい人を助けてしまう。

 

そんな、言葉が心理学にはあるんですが。

 

それは

一方的なもので

時に人を傷つけるような

ことにもつながったりします。

 

 

でも。

 

僕はシンプルに

憧れになりたいわけでもないし

認めてほしいわけでもない

そこにいる自分がいることが好きでもない

 

名誉も承認も

何もいらない。

 

ただただ、貴方と一緒にいたくて

貴方にとってのHEROになりたいだけなんです。

 

そのために

自分が持つ能力を最大限発揮したい

それが僕がしたいこと。

※ストーカーではないです

 

 

だから、僕は思ったんです。

 

僕の大好きな人たちに

常に幸せに思っていてほしい。

 

だから、

僕はみんなが

笑って生きていけるような

社会を作って生きたい。

 

だから

世界を変える

世界を平和にする

なんて大げさなこと

言いまくっています。

 

言うは易し。(己への喝)

 

自分の周りを

大切にできないヒトには

多分何もできない。

 

何かをできたとしても

ただ虚しさだけが残るんだと思う

 

今日は

この曲をみんなに届けたくて

この記事を書きました。

いつもありがとうございます。

 

 

 

【6月23日にイベントもします】

僕のチャレンジが少しずつ始まりまっています。
学生の皆さんよかったらきてください。

https://www.facebook.com/events/2143004505919971/

IMG_9145

 

 

 

カテゴリー

幸せ

古川しゅうと すべて表示

どもども、努力は実る。馬鹿でも出来るってことをこの社会に示したい。
この社会でボクはどう生きたいのかを赤裸々に、でも怯えながら更新中

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。