コンテンツへスキップ

【1年半ぶりの再会~休学した きっかけ~】

 

どうも
しゅーとです。


バングラデシュから帰国すると
どうしても美味しいコーヒーと
ビールが飲みたくなります。

美味しかった。(本日2杯目)


そして今日はある人に
会いに行くべく
南森町に来ております!



遡ること1年半前。2016年8月ごろです。

当時は大学3回生でこれからの進路のことも頭によぎりながらも、ネパールの孤児の子供達にフットボール(サッカー)を教える活動をどうやったら続けていけるのかを考えていた時のこと。
(今は生活支援をしている)

 



当時はとにかく、いろんな社会人にお話を聞きにいっては何かを吸収しにいってやると躍起になっていたと思います。それが1つのきっかけとなり、1年の休学をすることになるのですが、、、



たまたま、大学の職員さんから
「追手門の卒業生でこんな人もいるよ」
とご紹介いただいたんですね。



当時、僕が3回生の頃
「追手門卒業でも、こんな人いんのかよ。誰だよ。」
と思いつつ、コンタクトを取り会いにいってみました。

今思えば、得体の知らないボクに
会ってくれたこと本当に感謝しています。



当時の僕は
社会の「しゃ」の字も分からないままその方に会いにいき、その時はただ悩みをぶちあけたのを覚えている。


それに対し
ひたすらにアドバイスを
超丁寧にくださった。



そして、突然にこんなことを聞かれる。



「君の30歳の目標はなんだ」


ボク:「えーと。いやあ。」
と何も言えなかったことを鮮明に覚えています。



当時のボクにとって
訳のわからない質問をくださったのは
水野達朗さんという方です。


不登校の子どもたちを対象に
家庭教育支援をされています。

こちらがURL↓
https://www.parents-camp.jp/


https://www.parents-camp.jp/



学生時代の頃からタイの民族の方に対してサポートを行っていた経験もあり、その経験から「依存ではなく、自立を」を根底に、全国の不登校にならざるを得なかった子どもたちとその親に支援を行っている。教育委員会、議員さんに対してもアドバイスをしたりと、制度を作る立場の方と共に社会を構築していこうと活動されている。

めっちゃ魅力的なおじさんです。


ただひたすら。感覚的にだけど

「この人やべえ人だ。やられたー」
なんてことを思っていた。

それが悔しくて、ボクはまた頑張る!と意気込み。
これだけが全てではありませんが。

休学しました。笑


それからは、直接お会いすることはなかったものの初めてお会いしてから、これまで私が行うアクションを気にかけてくださり、ネパールの子供達にもサポートしてくださったりしました。

「ネパールの子供達にクリスマスプレゼントを届けよう企画」




そして有難いことに
また水野さんと
お話する機会をいただきました。


そして、今回も同じく。

今後の活動に対してもひたすらにアドバイスを超丁寧にくださったり、またまた貰ってばっかになるという。笑


話題が、国際協力に関することになっていき。。。
今回、お話する中ですごく思ったのは、ボクは知らないうちにネパールの孤児を減らすことはできない。と思っていたのかもしれない。

リアルを見ると、日本でも孤児の数は減っていないし、むしろサポートセンターへの相談案件は増えるばかりです。

そんな中、幸せの定義や日本とネパールの実態は異なるけども、このまま資本主義社会が続けば、日本に近しい状態になる。日本を否定しているわけではないけど、今のネパールにおいて、ボクたちは「孤児の受け皿になる」そう思って活動してきたがやっぱり違うなと思った。

減らさないと活動の意味がないとまでは思わないけど
社会へのインパクトが少ない。

現場側にいる人は特に陥りがちだと思う。

それにブレーキをかけているのは
やっぱり「お金」だったりもする。

本当にできるかどうかは別にして、孤児を減らすことを考えることが次の選択肢を生み出す上で、すごく重要なんだなと痛感させられました。


そして、そう言ってくれた水野さんは今もガンガン挑戦されている。



そして、
またあの時の同じ質問をされたんです。

水野さん:「ビジョンは?」

ボクは言った。
古川:「実はアパレルという分野で、この業界の構造を変えたい。ボク自身がどうなりたいかは明確にはありません」


これだけしか言えなかった。


「次に会う時は、社会人としてやな」

「原稿用紙3枚書いて、最後に「金を出せ」と結論づけた企画書を持ってこい」


と言われ、ボクが思うに、これがビジネスだったら門前払いのレベルだけど、ボクに対して無言で「諦めるな。やれよ。」って言われていた気がする。別にポジショントークでもなんでもなくて、ただ人として紳士に向き合ってくださった。



ボクは期待に応えるつもりなんてさらさらないけど、なんか男として恥ずかしいと思ったし、やらねばとまた闘志を燃やしていただいたと思う。

これだけ社会的に権威のあり実績を残されている方が、時間を割いてくださったこと。本当に感謝です。


そしてボクはまた、思った。

「やられたー」(笑)



次に会う時は
ボクも活躍できる
社会の歯車を見つけて
共に変えていける人でありたい

尊敬できる人と出会えて
アドバイスもくれるし
何よりも目指す先の一人と
出会えることって。

なかなかなくて。
あの時、出会わなかったら
今の自分はないなあ。って思う

改めて色々な出会いに感謝です。


だから

純粋に思うことがあって、
もっと学生に出会ってほしい

こんなかっこいい社会人の方が
いらっしゃるのに
世の中の多くの人は
なぜ出会わないのか?



機会がない。
ただそれだけ。




「あの時、こんな人と会っていれば」
なんてことは思って欲しくないし。

そんな後悔するって、
すっごいもったいないこと

会えば変わるなんて
無責任なことは言えないし

自分から動けよ。
とも思うけど。

ちょっとでも「モジャモジャ」していたり
今のキャリアに不満を抱えているのであれば、
是非お会いしてほしい。

超丁寧に
アドバイスをしてくれると思う。

ちなみに今は「何でも楽しめる人」
を採用したいとのことですし。

そっちでも興味のある子がいれば
ボクに連絡してほしい。




尊敬できる人を持つことは
本当に重要だなって毎回思います。


P.s. いつかは原稿用紙3枚書いて送りつけてやる。笑(ここ重要)

カテゴリー

幸せ

One thought on “【1年半ぶりの再会~休学した きっかけ~】 コメントを残す

  1. 出逢いは財産!同感です!自分の人生が変わる出逢いを~自分レベルの出逢いしか出来にないからこそ、自分磨きをしていきたい!素晴らしい人の出逢いは自分次第。行動あるのみですね!出逢いに~(^人^)感謝♪

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。