コンテンツへスキップ

本当のモノ選びは、”消費目的”を理解すること

どうも
しゅーとです

カトマンズからバスに揺られること10時間。
お尻が痛すぎます。笑


ボクが来たかった場所は
ポカラのとある工場です。


上の看板に注目してください。


「womens skils development 」


女性のスキルの発展と直訳して読みます。

何をしているところかと言いますと。。。


女性の雇用支援

を行なっている工場ですね。

ここに来るために1日だけ予定を
ぶちあけることにしました。


そんな工場はどんな工場でしょうか。

早速ですが中に入ってみましょう。




いきなり現れました。


ここの経営者である
おばあさまです。

なんと約40年物前から
女性の社会的進出の
支援活動をされてきた方です。


たかが数年のボクに比べて
40年間もこの活動を
続けてきたこのおばあさま。

現在は、いくつかの工場を持ち
約500人の女性の雇用を支えています。



ボクが受けた
印象は、、、

すげーと思うとともに。

「元気すぎる」笑


この歳になっても
自分の生きがいを見つけて
今も尚、現役として活動されている
おばあさまの背中にまず

グッと来るものがありました。


そんな元気なおばあさまの
工場をご案内していただきました。



どうやら。
染物をしているようです。


これが、1番はじめに行う作業です。



全ての染め作業一つ一つが
手作業なんですね。


染められた糸たちは
ここで暖かいお日様の下
乾燥中です。


綺麗な色になってきました。


次に、
乾いた糸たちを手動式のロール機に設置し
小さなロールを作っていきます。

そのロール糸がこちらです。

次に
巻かれたロール糸をどうやら
また一本の糸に戻していきます。

その時に白や青などの
違った色を混ぜながら

このように伸ばしていきます。


するとびっくり仰天です。

その伸ばした糸を織り機に当て込み
横から糸を通すとどうでしょう。

みるみるうちに
綺麗な柄の色が出来上がって
くるではありませんか。

横糸が縦糸に重なる瞬間がとても
心地いいです。


そして
綺麗な色となった布がこちらです。


今まで、見たことも無いような柄で
すんごいカラフルな手織り生地が完成しました。

まず。
ボクが思ったこと。


「一つの生地を作るのに
こんな時間がかかるんだ」



今まで全く生地のこと
知らなかったし


手織り生地がこんなにも
あったかい魅力を持ってるなんて
思いもしませんでした。


そう考えると
ボクたちの国を見渡せば
至る所に、平然とモノが並んでいます。


これって異常なことなんだと
理解しました。



本来は、きっと時間を
かけながら作っていたし。


家の近所にも
こうやって作ってくれる
ヒトはいたはずです。


それが、いつしか
僕たちの目の前から
消えてしまいました。


さらには、
昔はそんなに沢山モノが
なくても生きてたんだと思います。


じゃあ。必要がないのに


なんでボクたちは
モノを沢山持つんだろう。



もっと
違うところに
お金を使えないのか。



モノにお金を投じる行為自体が
豊かな人生を生きる上で
優先順位が低いことなのでは?

と思いました。



冷静に考えたら
毎年のように
何万円もかけてブランド品を買ったり
安売りセールで沢山のモノを
買ったりすることより


毎日健康的な料理を食べることや
家族と遊ぶ時間や
自分の成長に
お金を使うことの方が
ずっと大切だと思います。


実際
そんなコト誰でも
分かっていると思います。



でも
現状として


毎年
安売りに目を惹かれて
結果的に一回のショッピングで
20,000円とか使ってたり


ブランド物で一生大切にすると
言っているわりにタンスを見ると
落ちてきそうなくらい積まれてたり

そんなコト
あったりしないかな。


計算してみると
20,000円/1年×10年=200,000円
で、毎年ブランド物のバッグを買うよりも

60,000円/5年×2年=120,000円
で、本当に丈夫で大切にしたいもの
を買う方がよっぽど経済的

だとボクは思います。


分かっちゃいるけど
止められないの。


その気持ちめっちゃ
わかるんです。



ボクが思うに
唯一止められる1つの方法は


消費目的は?


を考えることにあると思います。



例えば、
毎日、会社で働き
やりたくもないことをやらされる。


そんな日々から
解放された休みの日は
疲れて何もすることがない。

そんな日には
ショッピングでもして
気を晴らそう。


ここにある消費目的?は


自己を満たすだけのモノの消費


これって
今の環境にいる限り
一生、このループに
居続けることになって


・タンスがゴミ山状態
・結果的にモノに対するコストが増大
・心がずっと満たされない




そうじゃなくて


ボクはモノと一緒に成長すること


消費目的は、


自身の成長のために消費する


これが大切だと思っています。


だからボクは、
実際にモノを買う時

・自分の心の穴埋めのために
モノを買わないこと。

・本当に必要な時に買う

・少し高くても5〜10年スパンで見た時に
コスパが良く、かなり丈夫なものを買う

・ずっと一緒に歩みたいと思う

パートナーとして買う

・環境とヒトに良いものか?(環境と人権)



「買ったモノと共に歩んでいく」
「買った時と比べて、どこまで成長できたかな?」


そんなことを意識しながら
モノ選びを行なっています。


そうすると結果的に
自分の心の余裕も
お金の余裕もできると思います。



だからボクは


本当に誰かにとって
大切なものであってほしい。


それが5年、10年と使われてほしい。


そんな想いをもとに
こうやってモノを作らせていただいてます。



そこで
ボクは、この生地をみた時に



「何かを作りたい」と思った。

生産者の懸命な姿や想いを
溢れるくらい感じられたから

どうしてもこの人たちの
想いを届けたくなったんです。


誰かに届けないと
ボクがこの生地に出会った
意味すらもなくなっちゃう。


即決断で
ボクの貯金を全部叩いて
作ることにしました。笑



早速、打ち合わせです。



棚にある生地から、何色かを選びます。


早速、商品の寸法を
ノートに書いて伝えます。


ここの商品を見る限り、縫製の技術に関しては他の工場と比べるととんでもなく品質が高いことは分かっていたので、サンプルを一個だけ作って早速、オーダーをかけます。


最後に写真をパシャり。


だいぶはしょりましたが
こんな感じです。笑



そして。

今回、
皆さんと一緒に作った商品は
レター型ケースです。

パソコンが入るように、薄めの緩衝材を入れています。
ノートもドキュメントも入ります。

この商品を皆さんに
届けに行きたいと思います。


大切な会議の時に
大切なプレゼンの時に
大切な時に

共に歩んでいける商品を。




商品URLは
4月14日以降に発信いたします!!!

お楽しみ
お待ちくださいませ!

カテゴリー

幸せ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。