コンテンツへスキップ

【ネパール産大豆ミート】美味すぎるミーガンカレー作ってみた

どうもしゅーとです。

ネパールに来てから約1ヶ月が経ちました。

コロナウイルスの影響でネパールの空港が閉鎖されているので、ボクは実質帰国難民になりました。

毎日がエブリデーです。

こちらにいてもやることばかりですので、暇をすることはないのですが、特に人と会うことがないので、ボクの中ではかなりのストレスが溜まっているわけです。

なので、無心になるために料理をすることにしました。

ボクが手に持っているのは”マショウラ”と言う大豆ミート

何も言われなければ
ドッグフードと間違えてしまいます。

正確には、ご飯と麦が少し入っているみたいですが、ネパールの村の方では昔から保存食として大豆ミートを食べていたみたいです。

そしてびっくりなのが、、、
その値段がなんと

200g50円

いや。安すぎる。
50gm200円じゃないんです。

マジでこの国は物価が安いので過ごしやすいんです。

そして、、、
この野菜たちと共に今回は、、、

絶品!!ネパール産大豆ミートで作った
ミーガンカレーを作りたいと思います。


手作りカレーって、、、
めっちゃハードル高いように思えるけど
超がつくくらい簡単です。

よかったら続けて読んでみてください!!

ちなみに、、、ミーガンとは
健康、気候変動に対するアクションとして、3日に1回、お肉を抜く生活をする人のことを言います。(造語)

では、早速作ってみましょう!!!

まずは、5分ほど大豆ミートを水に浸けましょう。


大豆ミートを浸している間に、、、
玉ねぎを切ります。


そしたらどうでしょう。。。
ポテトとトマトも切れてしまいました。

不思議です。


さて、下準備ができましたので、玉ねぎを少量の油と黄金色になるまで炒めていきます。

その後、ターメリックを投入。。。です。
スパイスがいっぱいで難しいなんてことはありません。

ターメリックだけなんです。


ターメリックをとりゃ!!!


そして、30秒ほど炒めまくったら、カレーのいい匂いがしてきますのでこれで下地が完成です!

え、ターメリックを入れるだけ?と思われるかもですが、本当にこれだけでOKです!油とか小麦粉とか入ったバーモ◎トカレーを入れる必要もないんです。

次に、具材であるトマトとポテトを加えます。ここでポイントなのが、トマトの水分でカレーをベースにを作っていくことです。トマトの甘みと酸味がカレーの味を引き立てるんです。(これマジ)


少量の水を加えたのがこれです。
ちょっとカレーっぽいでしょ。笑


そして最後に、、、
先ほど浸しておいたマショウラの水を切って投入します。

そして、最後にガラムマサラと言う万能スパイスを加えて、塩胡椒で味を整えると。。。。

完成ですー!!!

ブロッコリーは、今回は飾りです。笑
後で水で茹でて食べようと思います。

デデーン!!!


美味しそうでしょ!
めちゃくちゃ美味しそうでしょ!!!

今は筋トレしているので、今回は、白ご飯ではなく、低糖質高タンパク質のオーツで食べようと思います。

最後に

ミーガンカレーは、いかがでしょうか???めちゃくちゃ作るの簡単ですし、目分量をパパッと入れるだけでカレーができちゃいます。

少しでも健康に、そして気候変動に対するアクションを探していた方はこのカレーを作ってみてくださいー!

以上でしたー!!!
カレー食って明日も頑張るぞー!



後、初めての方は、こちらの万能スパイスを、ターメリックを使った要領でカレーを作ってみるとめっちゃ美味しいカレーを作れます!!!よければ!!!
【画像クリックで、ページに飛びます。】

カテゴリー

幸せ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。